2007-06-10

  • どうも俺の見立てでは、

 抽象化された「世間」が機能した土地で生まれ育った、

 「中流」かつそこそこ「教養」のある環境に生まれ育ち、

 「真面目」で「勤勉」で「道徳的」な

人々ほどかわいそうなことになっているように感じられるのだが、これについてはまだ色々と考え続けたい。

  • なぜ彼らは一個人としてではなく「ある均質な属性集団の一員、あるいはその代表」のように振舞ってしまうのか。「ある属性に含まれはするがあくまでも一個人」というスタンスを取るのが難しいのはなぜか。
  • そして彼らの話の多くはとても抽象的で、言葉の定義も「抽象化された「世間」での漠然としたイメージ」に拠っていることが多い。
  • 何よりわからないのが、自分も少なからずその世界観に属していたはずだったのが、今となってはもうずいぶん遠い世界観、人生観のところに来てしまったように感じることだ。何によって分かたれたのか、それがわからない。
  • ただ、いくつか思い出すことはあり、例えば、バイト一つやるにしても、とても大変でお前なんかには勤まらないかの如く思い込まされていたのが、いざ自分の意志でバイト先を選び、応募し、働いてみると、思いの外何とかなるもので、しかもとても楽しかったという実感がある。
  • また例えば、芝居をやっていた頃に、脚演の人のアパートに行き、ワンルームの中にワープロと大量の紙と万年床と本が散らばる様を見て「いかにも脚本家の部屋って感じですね」と言ったら「君は今まで脚本家の部屋を見たことがあるのかい?」と謎解きのような口調で一言だけ言われてはっとした経験は、全てにおいて固定化されたイメージを解きほぐすのに十分だった。
  • いくつかの経験とそこからの積み重ねによって一つ一つのイメージから自由になり、それとともにものの見え方も変化し、そしてより自由になっていったような感じがする。螺旋状に積み重なる自由。

  • そういえば、少年マンガにおける定型的盛り上がり展開の一つとして、かつての敵が、抱いている価値観こそ違えども互いに認め合い、そして共通の敵のために力を合わせるというパターンは欠かせなくなりつつあるわけだが、ある程度メジャー(というのはいくらでも恣意的な区分けができてしまいそうだが)なマンガではどの辺のマンガから出てきているんだろうか。リングにかけろあたり?今度調べてみよう。

CaseyCasey2013/01/04 11:45You've really helped me undsertand the issues. Thanks.

nenfwfypnenfwfyp2013/01/04 20:06BXTeTC <a href="http://oygtydoweycf.com/">oygtydoweycf</a>

nenfwfypnenfwfyp2013/01/04 20:06BXTeTC <a href="http://oygtydoweycf.com/">oygtydoweycf</a>

kibsststixtkibsststixt2013/01/05 23:26SDR8g2 , [url=http://jbqukkixeqoa.com/]jbqukkixeqoa[/url], [link=http://zbwrkgdlzusa.com/]zbwrkgdlzusa[/link], http://fcldceqpdeos.com/

トラックバック - http://leftovers.g.hatena.ne.jp/number29/20070610