Hatena::Groupleftovers

庭には鳩、壁一面に付箋

2007-03-23

誉める2

  • ひとは誉めると伸びる
  • ひとは誉めると調子に乗る

という場所で話が展開する印象あり。ロックとホッブスを「ホッブスは性悪説でロックは性善説ですよね」的な話に押し込めてしまう高校のセンセっぽいなーと今思った。よみかけだった『「資本」論』読み中。

誉めるといい、誉めると悪い、というのは

そのいい悪いって誰がなんだって話なんだけども。教育的な見地からその人のためになるならないということではなく、社会的なコストの意味から貶すのはよくない(いい世の中にするために、誉められるときは積極的に誉めよう)という話が元の話題で、そこに「いや誉めても教育的によろしくないよ」というのは、そんなの個人の資質の問題ですよね、と返されて終了。

社会的な摩擦からおきるコストを削減していい世の中にしよう、という発想は、とても強力な望ベーターになるし、覆らないけど、それを100%信じるのは素朴じゃないのだろうか。