Hatena::Groupleftovers

庭には鳩、壁一面に付箋

2007-10-09

初音某に関する未来予想

しばらく電波はこちらで。

  • アカペラフルコーラスの「Good Vibrations」を作る人登場
  • 今までほぼ無視していたオレが突然盛り上がり始める
  • 「今まで歯牙にもかけなかった奴がなんだいきなり、自分のフィールドに来たときだけ大騒ぎするおっさんキモイ」などと言われる
  • ネット発の文化を育てる気はあるのか?」という言語兵器登場
  • うるせぇ馬鹿、単なる楽器にネット発文化とかあるか、などと喧嘩がはじまる

追記

結局単なる楽器とどこが違うのかというと、自己顕示欲の市場ができているかどうかということだろうか。

ここを辿っていくと誉め誉めハッカー倫理みたいな話につながる気がする。

それで思い出したのでメモしとくけど、人を誉めるために☆つけるというのは理由の半分であり、あと半分はその人と何かの関係を結びたかったり、ヲチ対象にしたかったりという利己的な欲求。

2007-05-29

鍋奉行の出現とメタ領域

pgdb話の続きだが、もはや関係ない(というか、ボドゲ裏話スレに書いてる人たちと問題意識において文化の位相差を感じる)のでこっち。

関心空間やってたときに、明らかにおかしい使い方をする人がいて(B'zの曲をタイトルにポエム書くとかそういう)、なんとかしろとかいう声はあったわけだけども、事件というほどには荒れなかった(2chにスレが立ったりはしてたみたいだが)

ひとえにそれは「議論掲示板」みたいなものを設けなかったことによるのかも知れない。そういうものを設けないことでDISを抑制できた。なぜなら、あのユーザはルール違反である、ということを、自分の領域に書くことは同様のルール違反になるから。

そのような消極的なやり方で荒れを防ぐことができたのかも知れない。

今「関心空間 2ch」で検索したら、関心空間は白金台とか出てきた。

あと、今読んでも関心空間スレはすごいなちょっと。うんこ罵倒に誰も突っ込まない。荒れを防ぐって、防いだ分こっちに噴出してたというか。このスレの白金台的(あれだ、「裏白金台」とか言いそうな勢いの中坊文化)気持ち悪さから逃れるために、ぼくはブログをはじめたのかも知れない。いや絶対嘘。

あ、そうそう

感想欄に「未プレイ」と書くことと、感想欄に「そういうのやめてもらえませんか」と書くことは、意味がないことに関していえば、一見さんにとっては全くの等価。

一見さんが見るというのを最低限の建前にしている以上、そこから踏み込んだ非難には注意が必要。

2007-05-28

CGMとid

なんかもやっと思いついたが別に大した考えでもないので消えそう。

  • 非CGMな「評価サイト」の存在をどう説明するか
    • 陸ボドゲ界においてはCGMというゆるい発想があんまり理解されてないのか、というところから
  • 非CGMでも、なお人は名乗る
  • そのときの「名前」とは何だろうか
  • ハッカー文化における「名前」みたいなもの?
  • ブログでの自己顕示欲(id顕示欲)とか
  • そうすっと、名前の一意性、凡庸性というのはかなり重要になる
    • 名前のSEOとかはどうでもいいけど
    • あーつまり、おれはたとえば、kenchanとかいうIDを使って、今と同じブログが書けるのか問題、みたいなの
    • このIDでぐぐったらだいたい俺のこと、みたいな感覚

2007-05-15

「集団ストーカーに狙われています」

という訴えをする人がいたとして、直訴されたのが自分だとする。私には「そんなものはいない」という証明をすることはできないから、ちょっと遠巻きに、えぇっ、この人そんなこと言うんだ…と思いつつ、手続き的な話に終始するほかない。

そうか

汚染された言語地雷を散布すれば、どうでもいい人はそこに絡まってこっちに歩いて来られない(他のもっと重要な問題に関してどうでもいいことを言わなくなる)から、全体として棲み分けができてよくなる、という発想?

2007-05-06

コミュニケーションという名前のカードゲーム

ものごとの実相を表現することがゲームではないので興味ない。

おれの知ってるゲームは、ものごとの実相を抽象化された形で提示して、その中で考えるように土俵を整備するというサービス精神があるので。

それよか、「非モテがコミュニケーションという名目でボードゲーム/カードゲームをすること」という指摘なのかと空目して、それは言っちゃぁいかんところだろ! と思った。