Hatena::Groupleftovers

庭には鳩、壁一面に付箋

2007-06-04

メタの何が悪いかというとよくわからん

明らかにお前梯子を外すためにしゃべってるだろ、というのは腹立つ感じはするけど。

ほのめかしでメッセージを込めるのがメタということになると、範囲は広いと思う。メタメッセージのメタという意味なんかなー。

と、ここまでは前置き。

知り合いで、書き言葉慣れしてなくて不用意なことを書く人がいて、その人typoもすごいし、タイピングできなくてボイスエイトックか何か使ってるんじゃないか、ちゅうくらいの事情を推測してしまうんだけど(本人に聞いてない)。その人が、ちょっと読んだ感じ「前々から思っていたが」みたいな言い方で他の人を腐すようなことを書いていた。

人の日記のコメント欄で、しかも宇宙語だったので、まぁ基本的にスルーなんだけど、難癖付けられた当人が「すいません」とか言っていて、その構図に腹が立ってきた。

別に「君は悪くないよ!」とかいう弁護ではなくて。

  • 「前々からお前はこうだと思っていたんだ」
  • 「すいません」

というやりとりが目の前で行われることを看過できないというか。

何その「前々から」って。お前の「前々から」なんて知らんっつの。お前の「前々から」を認めたら、その他の見えない諸事情を山ほど斟酌させられんだよ。それ結局、後出しで言えるってことだろ。後出しで「前々から」とか言ったから、今までのお前の気持ちを積分しろと。

リアル世界においては「あぁそうだったんだ、今まで配慮が足りなくてごめんなさい」なんだけど、テキスト世界においては、腹が立つ。それはテキスト世界というのが、今ここに書かれたもの、ないしはポインタで示されたものからのみ成り立つという建前を前提にしてる、という感覚があるからかも知れない。

で、「前々から」というクレームに、リアル世界で「ごめんなさい」を言わず、テキスト世界的に落とし前を付けようとすると、「メタ」ということにされてしまうのかも知れない。

しかし「前々からオレは言いたかったんだよ…!」とか書かれて(つまりリアル人格のオレを考慮に入れろ、と要請されてるわけだ)、その事実に対して反論したり、謝ったりしてるよりは、テキスト世界的な寝技でごにょごにょ書いていたほうがいくらかマシだと思う。

2007-05-18

ブログ作法

「オレは作家である」と思わない。=「オレの変さが売りになる」と思わない。

「売りになる」という評価基準は自己実現系(?)ブログによってもたらされたものなのだけど、それをそのまま<日記>にインポートして、あたかもキャラクターが「売り」になっていると錯覚しているところで、いろいろもめ事が起きたりするってことかな。

「オレの変さが売りになる」と思うということは、作家的に世界に接するということになるが、それに耐えられる精神はそれほど多くない。