Hatena::Groupleftovers

庭には鳩、壁一面に付箋

2007-10-12

『ゲーム的リアリズムの誕生』

の理屈でいくと、こういうことか。

-対象=リアル対象=仮想現実
文学自然主義的文学ライトノベル
いわゆるブロガーはてなー

この比喩でいろいろ

キャラ萌えの可能性をラノベとの類推で考えることができるだろう。

座標平面が違うので、はてなー的な手法(メタ、vm、村プレイ、ほのめかしなど)にどれだけ精通しても、ブロガーとして議論できるための成熟には結びつかない。

んー、今更か。

気分の再生

下で書いていることの意味が、うっかりするとわかりません。自分にもわからないものは論理的ステップで説明しようとするのではなく、感覚に訴える練習をしたほうがいいのではないかと思った。

mml記法について

「また余計なものの蓋をあけおってムガー」と激怒するvmnobodyと「開けてみなきゃその先は見えねぇだろうが」と激怒するvmkusigahamaの喧嘩を眺めながらお茶を飲んでおります。

まぁ、なるようにしかなりませんというか、そこは運営者のレスポンスの的確さと素早さだろうから、彼らのその能力を信じるだけだよなぁと。

ただ、その素早さを、とんとん相撲によって支えてきたという自負が、古参のはてなーにはあるから…。

それとは全然別に、音楽って何なのか、ということをちょっと考えた。

予想(脳内で鳴っている音楽)→演奏→予想との差分=快感 というセオリーが、大雑把すぎるので、どんな音楽でもそこに収まってしまうような気がしてきた。クラシックであってもそうだし、PSG音源で既存の曲を打ち込んで「わーファミコンみたい」と喜ぶのもそう。

予想との差分=快感、という発想は、即興演奏や捻ったポップソングを初めて聴くときの意外性にとどまらない。知っているつもりの音でも、脳内音源とリアル音源との間には解像度の違いがあるから。

なので「PSG音源や初音某で遊ぶことは脳内イメージの安い再生産に過ぎない」「<だんご三兄弟>とか<ピクミン愛のうた>が売れたのと同じ」という文句は消滅した。

2007-10-10

自由と善についての断片(1)

a.

web日記書きという変態的行為をなすものとして何が善なのか、というのは書き始めた瞬間から始まるテーマだが、文書とURL=Permalinkという制約が価値観をある方向に引っ張っているのかも知れない。

よく、数百年後考古学者がA.D.2000年ごろの日本の文化を知ろうとおもったらブログのアーカイブを読んでいることだろう…なんていう空想で、Permalinkの思想が擁護される。あー昨日今日の話題に寄せてくだけて言うと「ブログは一回書いたら書き直すな教」が擁護される。

しかしこの、数百年後の考古学者という発想はちょっとロマンチックすぎるというか、SF的外延として素朴にすぎるという感がある。たぶん考古学が必要になるころには、エントロピーが高くなりすぎて回収できない状態になっているか、今書いているテキストがゴミみたいなものになる程度にコンピュータ上の表現のパラダイムそのものが変化しているかだろう。

あぁ、それだから、ゴミを撒くな、洗練された思考を書け、という話に戻るから、それはそれで都合がいいのか。

b.

考古学者のことを考えるのならば、書く日記はひとつかふたつのほうがいい。

グループ日記を渡り歩いて、**部のつづきは▲▲部で、なんてもってのほかだ。

それからidは変えるな。ブログのサービス提供者も変えるな。万が一変えることがあるなら、その記録を残せ。完全に引き払うならデータを取り出してアーカイブにして読めるようにしろ。

とにかく、注文が多い。

c.

小さなレベルの善のことを考えろ、という内心の声がある。

おとついNHKで、目の不自由な人向けの本の朗読(の録音が著作権法の枠内で認められるか)のニュースをやっていて、よいことというのはこうやって誰かがどこかに行きたいのを助けてあげることだよな、と思った。

d.

それから、もう一つの声の主張。

そんな小さな労力を払っていても得られる幸福なんてたかが知れている。進歩というのはもっとドラスティックに、技術の最先端が切り開く違う世界からもたらされるものだ。

2007-06-07

Drop your name

持ちキャラに成長限界があるということがわかったので、キャラへの思い入れをクリアして、ジョブシステムみたいなものに変えた、という感じかも知れない。

2007-05-18

知りたいのは

  • 古典名盤聞きあさり、という行為はそんなに一般的でないのか
  • なんでビートルズのCDを買うのに今なお3000円も払わないといけないのか。(お金を払わせてくださいというファン心理と、消費財として古典化したことは別問題)

聞きあさるタイプの人の購入枚数と、たまにしかCD買わない人の購入枚数の構成比のバランス上、古いものの価格が下げられない、というのであればそれはおかしな話だ(バカみたいにCDを買う人が市場をささえているという構造)。まぁツタヤでCDを借りるオレが言うな、という感じですが。

まぁ

趣味に関して妙なカースト意識を持たなければいいだけ、目の前にあるものを虚心に聴きなさい、という言い方はある。「これ聴くならこれとこれ知ってないとね」みたいな。

しかしそういう前提をもとにポップミュージックの市場というのが成り立っているのじゃないのか。斬新と思えるのはうまくそれまでの経験を避けて隙間に入り込んだからなのだし。

流行とは何だろう、という話題か。

体育会系

「会話しなきゃ英語じゃないよ!」というのと「実機にさわらなきゃプログラミングにならないよ!」というのは、学習効果という目で見たとき同程度に体育会系的な表現ではないか。(効率を度外視すれば他の道筋はいくらでもあるという可能性を低くみている)

2007-05-10

突然

6nimmt.plてそんな短いコードで! と一瞬殺された気になった。

anotherさんの今日付の日記はコメント欄も面白かったのでなんかしようかと思ったが、折良くダイアリーが不調。

想像力について

a.

想像力とは「耳の糸くず引っ張ったら失明した!」程度の「本当にあったら怖い」妄想(セブンイレブンとかで400円くらいで売ってる)しか生まないですよ、と言ってもあんまり通じなげだ。

柵のないドブを見たとき落ちるかも、と言うと微妙に失笑されるが、煙草が目にあたって失明するかも、と言うときには「想像力」という言葉が使える。

b.

倫理的問題が確率論的な話題を含むと、牽強付会な人が都合よく「あるかもしれないじゃないですか!」「いるかもしれないじゃないですか!」を連発して不愉快な事態になるのかも。

ダイスで1ゾロが出るかも知れないじゃないですか! みたいなものだろうか。

どっちにしても、自分の手番が来たら投機せざるを得ない。手番は拒否できないので、ある確率でイヤな事態が起きるのなら、確率を下げるように工作するだけだ。

alea jacta est … ていうのは過去形なのかな。ラテン語知りません。

募金とか

想像力を働かせろ話で書こうと思っていたことの断片。

a.

以前、何かのイベントで熊本市に外国人の方が数日間たくさん滞在したことがあった。

いつものごとくドトールでお茶していると、バックパックを背負った白人の女性が「恵まれない某に募金を」という趣旨(たぶん)の書かれたシートを持ってまわって、近くの客になにごとかを訴えていた。皆ごめんなさいであった。

その女性は自分のとこには来ないまま、「シンジラレナイ」という顔をして去っていった。来なくてよかった。ああいうものを突きつけられると、その募金だか何だかが正当に利用されているか、といったことに関係なく、煩わしい。

a2.

私が募金に応じる、ということは、私の行動規範にそのようにルールを追加することだと思う。

このことは「災害発生時には募金するが、常時飢えている難民には募金しない」という傾向も説明できるのではないか。前者は一回性のイベントだが、後者は倫理規範の追加という重さを含んでいる。

b.

以前、「ホワイトバンド」が流行したとき、嫌だなと思った理由を考えた。

  • 人に見せつけて<お前も300円くらい払ったらどうや>と無言の倫理的プレッシャーをかけてくるのが鬱陶しい(こっちに見せないで黙って募金しろ)
  • ホワイトバンドが一種の免罪符として機能することへの苛立ち。300円支払えば、募金すべきかせざるべきか、という、今後の良心の迷いをカットできる。
    • 免罪符というのはちょっと言い方がおかしいか。ホワイトバンドをしたから払わなくて良い、だけではなく、オレはホワイトバンドをしている人間だから払う、という自分の倫理的判断の根拠に使ってしまうことが気持ち悪いというか。

追記1.

…といったことを書いていたら、「200円問題」として、アフガンのために募金するかどうかという話題がブックマークに上がっているのを見つけてしまった。うう…。

追記2.

ちょっとした募金で「私の行動規範が…」とか悩み出すオレは明らかに非モテ。

こういうものは、「なんかちょっといたたまれなくなって募金しちゃったよ、ははは」という、曖昧な領域で処理したほうがいい。倫理的(しかし、倫理的なのか、それ)厳密さを考え始めるときりがない。