断片部標準

断片部標準

fragments.g.hatena.ne.jp 以下へ投稿する際に「推奨」される文章作法。アイデアの思考過程を初期段階からそのままリアルタイムに回路を記録していく方法をとる。従来の「考えながら書く」というめも作法をさらに進めたもので、「考える=書く」「書いてから考える」といったニュアンス。いわば、言説の50%βリリース。故に「文脈が存在しない・論理をベースとしない・愚かさ2.0」「わけの分からんことをつぶやく・なぞめき・対話不可能・モヒカンよりタチが悪い」などと称される。