ナニコジ戦隊

ナニコジ戦隊

「何かを拗らせてしまった戦隊員の方々」ナニコジ戦隊ハテブンジャー。ナニコジ戦隊ダンペンブシューヘン。などとくに戦隊名はないので好きずきに呼ばれる。

ゼロ年代。混沌としたハテナブックマークシティにおいて、一見「この情報のどこに価値を見出してしまったんだ!?」と思われるような物件によく集まってくる面子が持つ、各々のプロフィールアイコンの原色が印象的だった為、特撮の戦隊ものとして喩えられた。

その高い妄想力や極度の非コミュニュケーション能力からくる、「ブログストバズーカー」「お花畑」「ノードラッグでフィニッシュです」などの非・戦闘用の必殺技を主に持ち合わせている。

そして、類い希なる精神面の弱さから全国のちびっ子達には「守ってあげたい」「わけもなく絡んで謝罪させたい」「存在しないハイヒールで踏みつけたい」など、主に一部特種性嗜好を持つ層へ大人気!(焚書社刊 『たのしい 小学二十四年生 六月号』 より)

ハテナブックマークシティの平和を守る為。今日も何かしらの存在と闘うナニコジ戦隊

がんばれ! ナニコジ戦隊

負けるな! ナニコジ戦隊

明日は出勤だ!